絶対NO!脱毛サロンの勧誘をはっきろ断る方法

絶対NO!脱毛サロンの勧誘をはっきろ断る方法

最近の脱毛サロン業界は、強引で悪質なセールスといった
サロンへの勧誘はだいぶ減ってきているようです。

 

「しつこい勧誘ゼロ」をモットーとした良心的な脱毛サロンが多くなってきているんです。

 

カウンセリングやキャンペーン部位以外では利用しませんといった内容を
事前に担当者の方に伝えておくようにすれば、
勧誘に合うケースは極めて少ないのではないでしょうか。

 

脱毛サロン業界においては、脱毛やスキンケアの専門の知識をもった方が多く、
スタッフの方も気さくで親切な方が多い為、
あなた自身の意見とはっきりと伝える事が出来れば、問題ありません。

 

問題は、そうでないスタッフです・・・。

 

実際に強引なサービスはなかったとしても、初めてサロンを訪問される際には、
不安や心配をおもちの方もいらっしゃる事だと思います。

 

万が一の時に備えて、脱毛サロンの勧誘の上手な断り方を挙げておきましょう。

 

もし、担当者の方が商品(コース内容など)を半ば強引に勧誘してきそうだと察知した場合は
「家族と相談して決めますので、どうするかを後日連絡します。」
「お金が無いので、ちょっと考えます。」
といった感じで断りましょう。

 

反対に「とても高額だから」とか、「サービスが不満」といった事を理由に挙げると
上手く丸め込まれてしまうといった事も想定されます。

 

スタッフ担当者の気持ちを煽るような言い方ではなく、
やんわりとお断りする方が無難であるといえるでしょう。

 

他には、もう脱毛自体をしなくて良い場合に限ってですが、
自分が妊娠している可能性があるという事を担当者の方に伝えておくと、まず確実です。
妊娠の可能性がある場合、施術を行うことは不可能です。
また、プライベートな事情で突然引越しが決まったなど、どうしても通えない理由を作ると良いですね。


このページの先頭へ戻る